スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若者ぶってるのが気に入らない

中村獅童さん 酒気帯び運転で書類送検へ

歌舞伎界では若手で通るのだろうが
一般社会で33歳といえば立派な中堅どころである
変な髪の毛をして若者ぶっている年齢ではない

前から気に食わなかったんだ

深夜に酒飲んで女連れて信号無視など論外
奥さんもいるのに遊び歩くトシじゃないでしょ

すぐに自殺とわかった

甲斐智枝美さんは首つり自殺

何度も自殺未遂している躁うつ病の私は
死因が心不全と報じられた時点ですぐに
自殺だとわかったよ

彼女の場合は借金などの強い外的な理由もなさそうだ
あまり週刊誌などで原因をほじくり返さないでほしい

同じ年代の人がまた死んで残念

Jasmineで気分良く

きのう、部屋の電線を整理した。
いままで使えなかった短波ラジオとウォークマンが
使えるようになった。

久しぶりにJasmineを電車の中で聴き、とてもいい気分。

体調は睡眠障害で2時間しか眠れずに最悪だったけどね。

大人でもだまされる

小学校に広がる「名札離れ」 防犯対策…廃止の動き急

数日前、みのもんたの司会で、詐欺師の特集番組をやってた。
外国で見知らぬ人に、いきなり
「○○さんですね。お待ちしていました」
と声を掛けられ、信用して荷物や現金を渡したら、
どこかに消えてしまったという。

なぜ犯人が名前を知っていたかというと、
旅行カバンにデカデカとローマ字で名前を書いていたからだそうだ。

大人もこどもも、とくに何も変わらない。

不安なトクホ

大豆イソフラボン 摂りすぎ注意

大豆の絞りかすは、3,4年前までは捨て場所をめぐって、
裁判になったほどの迷惑な産業廃棄物だった。
それを再利用するプラントができたのが最近。
ごみの山から宝が出たのである。

いくら自然界に存在しているとはいえ、特定の栄養分を
通常ではありえないほどの長期大量に摂取するのは、
賛成できない。

エコナのジアシルグリセロールは発がん性が指摘されているし、
茶カテキンですらも発がん性が指摘されている。

私は以前、トクホの認定をとるための講習会に参加したことがある。
実際のデータをみると、これでいいのかと思うくらい有意性が
低かった。説明した人は、これを逆手にとって、
「効果がはっきりしていると、医薬品と同じになってしまう。
 食品としては、ぎりぎり効果があるか怪しいという程度が
 良いのです」
といってた。

世界の医薬品ベスト100のうち、30%を認可していない厚労省。
それが、なぜ見るからに怪しいシロモノにお墨付きを与えて
しまうのだろうか。

いまいち迫力なし

政府、北朝鮮ミサイル6回発射確認

96年の台湾ミサイル危機のときは、中国は台湾を包囲するように
ミサイルを着弾させた。

北朝鮮も日本を取り囲むようにミサイルを撃たないと
怖くもなんともない。

集中力のそがれる民放TV

病気のため、毎日定時に仕事を終わり、TVを見ている。
しかし、ここぞという場面になっても集中できない。
そういう場面で必ずCMが入るのがわかっているから。
CM明けの緊張感のないときに重要な場面を映すので、
たとえばパソコンを見ながらだと
何が起こったかわからないことも多い。
CMをはさんで同じ場面を繰り返すのも最悪だ。

神経に良くない。病気が悪化しそうだからやめてくれ。

極左の末路

鹿砦社社長に有罪判決「言葉の暴力」

鹿砦社といえば、私の若いころは、

赤軍の形成[増補版] ドキュメント赤軍論争史
プロレタリア兵学教程 人民兵学構築をめざして
左翼エス・エル戦闘史
クロンシュタット叛乱
マフノ叛乱軍史・ロシア革命と農民戦争
ナロードの革命党史 資料・左翼社会主義者ー革命家党
反日革命宣言 東アジア反日武装戦線KF部隊

などなどを出版していた。

それがいつの間にアイドルや有名人の個人情報暴露本や
中傷本ばかり出版するようになったのだろうか。

彼ら極左の本質が単なる反社会性であって、
イデオロギーや社会正義などオブラートに過ぎなかった
ということがあまりにもはっきり見えてしまって、
悲しい。

やっぱり2割引

無期判決のヤギ被告、肩の力抜け 遺族は怒りに震え

新司法制度の予行演習として、争点整理などの手続きがとられた
ことでも注目された裁判。しかし判決は従来どうり
「求刑の2割引」という期待はずれの結果に終わった。
新司法制度でも何も変わらないのではという失望感が強い。

幼女4人を殺した宮崎勤を17年たっても死刑にできない裁判所。
二十何人殺した松本智津夫を11年たっても1審でしか裁けない裁判所。
いったい何のために裁判所は存在するのだろう。

松田聖子さんのコンサート

きのう、松田聖子さんのコンサートに初めて行った。
いままで足が向かなかったのは、観客が女性中心だと
思っていたからだ。
男性はゲイの人が多いといううわさも聞いた。

今回は妻と一緒に行った。席に座ってみると、前後左右
母娘づればっかり。ところどころ年配男性がいた。

当然のことだが、松田聖子さんの歌は素晴らしかった。
名曲が無尽蔵にあるのがすごいところだ。
涙を浮べながら真剣に聴く妻。
年末のディナーショー5万円にも行こうと言う始末。

松田聖子さんのMCを聞いていると、
口調がむかしふられた娘にそっくりなのに気が付いた。
そう思うとなんだか親しみがわいてきた。
松田聖子さんは歌手の中でも特別な人間だと思っていたが、
普通の女性歌手と同じなんだ。TVなどのメディアで見聞きする
松田聖子さんとは、まったく違った印象を受けた。

トルコ行進曲

さっきHEYHEYHEYでやってた中村玉緒&中川家の大阪パラダイスという曲
サビのところ以外、トルコ行進曲そのままじゃん
いくら著作権がないからといって、だまってコピーするのはひどい
でも、ふつう気が付くからいいのか

雨の日に聴きたい曲ランキング

オリコン 雨の日に聴きたい曲ランキング

私はやっぱり、小泉今日子さんの「優しい雨」がいちばん好き。
鈴木祥子さんが作った曲はもちろん良いが、
小泉今日子さん本人が書いた詩が素晴らしい。

最初に何かいわくありげな恋が始まったようす、
つぎにそれが三角関係らしいことが語られる。
理性を超えたものに突き動かされる恋愛の感じが
よく出ている。

ちなみに佐藤聖子さんの歌では、もちろん「雨が聴こえる」が
もっともいい。

続きを読む

オリエンタルラジオ不時着

赤坂御用地にタレント不時着 日テレ番組収録中、パラシュートで

87年、赤の広場にドイツの青年のセスナ機が強行着陸した事件
覚えてる?

冷戦さなかの事件なのに青年は殺されなかった
今回はそれにくらべても大きな事件じゃないから
射殺しろとかは言い過ぎでは

もっとも、ソ連軍は国防相やら司令官やら、
いっぱいクビになったよね

ビートルズっぽく見える

産経IZA ビートルズそっくりさん“来日完全再現ライブ”
ビートルズのコピーバンドというのはときどき見かけるが、
なかなかビートルズっぽく見えない。
最大の原因は、左利きのギターがめったにいないからだ。
その点、このコピーバンドは合格。

私はビートルズの歌をほとんどカラオケで歌える。
いちばんよく歌うのが、Here, There And Everywhereである。
妻がよろこんでくれるので特別に気に入って歌っている。
すると、先日、中日スポーツにポール=マッカートニーの
インタビューが載っていて、Here, There And Everywhereが
自分の作った歌の中でいちばん好きだと言っていた。
他にもいい歌がいくらでもあるのに、とくにその歌を
選んでくれたことが、とてもうれしかった。

数年前、ポール=マッカートニーが(事実上)最後に来日した。
そのとき長期欠勤していて体が動かなくて、しかもそのためにわずか
1万4千円のチケット代がなくて、ライブに行けず悔しかった。
一生後悔するだろう。

キャピトル東急ホテルには、去年の年末に宿泊した。
旅行会社の企画で、ひとりわずか一泊5400円。
交通至便で東京見物に最適だった。
ビートルズやマイケル=ジャクソンの泊まった場所の雰囲気が
味わえてよかった。
2006年11月末で建て替えのため閉館で残念。
プロフィール

れっとらか

  • Author:れっとらか
  • 私は佐藤聖子ファンで
    躁うつ病と闘っています
    妻は統合失調症です
    「佐藤聖子アンコール!」も
    よろしく
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。