スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すでにSFの中にいる私

これは北朝鮮映画だ

>リベリオンというSF映画がテレ東で放送されていて見た。
>実にタイムリーな映画放送だ。
>なぜか?設定があの国を彷彿とさせるものだから。
>戦争を無くす為に感情を薬によって抑圧させた未来社会という設定
>最高権力者はファーザーと呼ばれている社会。
>激しく落ち込む事は無くなる代わりに、
>楽しいとか嬉しいとか感情の起伏も少なくなる。

私は躁うつ病。社会に適応するために、抗てんかん薬、精神安定剤を
飲んで、喜怒哀楽すべての感情を麻痺させて生きている。
会社や家庭がもっと別の環境であれば、薬なしの自然な心のままで
いられるのかもしれない。もしそんな社会があるのなら行ってみたい。
そうでなければ、私はいつまでもSF映画の中の登場人物のままである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Brasiliaのrodoviariaはそんな別世界ですよ。みんな喜怒哀楽全開ですね。おばちゃんは怒でツバを吐き、それを「ヒューヒュー」と何百人もが追いかける、薬いらずです。Japaoはみんな静かだねぇ。
プロフィール

れっとらか

  • Author:れっとらか
  • 私は佐藤聖子ファンで
    躁うつ病と闘っています
    妻は統合失調症です
    「佐藤聖子アンコール!」も
    よろしく
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。