スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青魚を揚げてはダメ

昨日、テレ東の「主治医の見つかる診療所」を見た
あやしい健康番組が多い中、内容がまともそうだったからだ
ひとつの話題に対して5人の医師が意見を言う形式だ

「青魚は血液に良い?」という問題があった
青魚はDHA、EPAを多く含んでいる
EPAはエバデールという名前で持田製薬から薬として出ているので
ほとんどの医師が血液に良いと答えた

ここからが問題である
EPAを多くとるための料理として
サバをサラダ油で揚げて南蛮漬けにしてしまったのだ
これは実はとてもよくないことなのだ

魚に含まれる油、DHAとEPAはn-3脂肪酸
サラダ油に含まれるリノール酸はn-6脂肪酸といって
ちがうタイプで、乱暴に言ってしまえば、
お互いの働きを打ち消しあう関係にある。
理想的な比率はn-6:n-3=4:1と厚労省で定められている

だから青魚を油で揚げると、せっかくのn-3脂肪酸の働きが
サラダ油のn-6脂肪酸で打ち消されてしまうのだ

テレビに出てた医者は悪くない
料理を考える栄養士の先生がもっとよく考えてほしかった

という私の正体は、なんでもありの化学屋なんだけどね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

れっとらか

  • Author:れっとらか
  • 私は佐藤聖子ファンで
    躁うつ病と闘っています
    妻は統合失調症です
    「佐藤聖子アンコール!」も
    よろしく
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。