スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事は間違い ヨーロッパの発明です

それぞれの狙いも的中 トイレ用シールに商魂

このシールはヨーロッパの発明です
「まさかのミステリー」という番組で紹介されていました
最初に導入した空港は年間1億円の清掃費削減になったそうです

産経の記者はもっとよく勉強するように
以前にも町工場で発明した永久機関の記事を載せていましたね
そんなことだから偏向売国朝日新聞に勝てないんだ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

記事は「始まり」、つまり切欠の話をしているだけで、「発明」の話には触れていないと思う。

記事の最初のほうに
「一昨年に関西国際空港が考案した」
とか
あとのほうに
「関空側の発案」
「うちのアイデア」
とか
発明したとしか思えない語句が
ならんでいるのですけれども

「一昨年に関西国際空港が考案した」のだけれども、
実は、韓国での切欠がそのベースで、
関空内に取り付けようとなったのも、たとえそれが欧州発であろうが、
関空の人が実行したという点で、「関空側の発案」って事だと思いました。
記事全体でも、「シールを付け、トイレが綺麗になった」という内容だから、ここで言っている「うちのアイデア」という記者で無い人のコメントがでてくるのも、自ずとうなづける。

確かに、その部分・部分だけ見れば、そういう意見が出てもおかしくないかもしれませんが、やはり全体としては、そう思えませんでした。


たしかに話の流れは韓国のマネをしたということになっている
一方、語句は自分たちの発明のように見える

したがって、文章がすこしおかしいのですよ

なるほど、そうですね。
言われえて見れば、ごちゃ混ぜですね。
文書はおかしくないと思うけど、
そのポイント(トイレが)綺麗になった)が、薄くなった感はありますよね。
確かに、ここでは誰が発明したかはポイントではないですもね。
だんだんそう思えてきました。

私は、以前、2つの円筒の外側に磁石を付けて、お互いが反発して回り続ける永久機関の記事を朝日新聞で読みました。(たしか1980年代後半)その何ヵ月後かに、その永久機関の開発者が詐欺で逮捕されて、円筒の中に電池が入っていたことが報道されました。

こーへいさん
教えていただいてありがとうございました
また何かありましたらご指導ください
プロフィール

れっとらか

  • Author:れっとらか
  • 私は佐藤聖子ファンで
    躁うつ病と闘っています
    妻は統合失調症です
    「佐藤聖子アンコール!」も
    よろしく
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。