スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

得意の負け犬戦略

50代女性「孫」を代理出産 娘の卵子使い、長野の病院

自分たちの国が劣勢な技術分野では
まず外国の技術を禁止し 何十年もたって
その技術が成熟し 社会との関係が安定したころを
見計らって 解禁する

これを私流に 負け犬戦略 と名づけたい

典型的には 臓器移植が挙げられる
最初の国内の成功者を殺人罪で告発し 臓器移植を禁止した
それから外国で安定して社会に受け入れられていく
ようすをみながら 30年後にようやく解禁した

この間 無駄に死んでいった人たち
臓器移植に対する偏見により臓器移植を受けられず
これから死んでいく人たち
どれほどの命が失われてきたことだろう

遺伝子組換え作物も 負け犬戦略である
食料安全保障のため国内農業を守るという
大義名分は理解できる
ただそのために不条理な偏見を人々に植え付けてゆく
というのは理不尽だ きっと輸入食料が確保できないという
高価な代償を払わされるに違いない

代理母も負け犬戦略なんだろう きっと
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

れっとらか

  • Author:れっとらか
  • 私は佐藤聖子ファンで
    躁うつ病と闘っています
    妻は統合失調症です
    「佐藤聖子アンコール!」も
    よろしく
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。