スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デタラメな商品テスト

私が「暮らしの手帳」を読んでいたのは20年前 
そのころの商品テストはデタラメだった

たとえば目覚まし時計の特集だと こんな調子だ 

5種類の目覚まし時計を一台ずつ1年間使用して
何秒狂ったかを計測し 
狂いの少ない時計が優秀と評価されていた
n=1でいったいどんな結論が出せるというのか

機能評価はこんな感じだ
いったん止めても 5分後に目覚ましがふたたび鳴る
スヌーズ機能のついているものはだめ
なぜなら人間様が機械に何回も起こされるなんて
人間重視の考え方に反すると書いてあった
イデオロギーによって 目の覚めるメカニズムの考察といった
科学的要素が圧殺されている

老舗「暮しの手帖」に異変 「30代」取り込みへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

れっとらか

  • Author:れっとらか
  • 私は佐藤聖子ファンで
    躁うつ病と闘っています
    妻は統合失調症です
    「佐藤聖子アンコール!」も
    よろしく
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。