スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハコモノ行政その2 岡崎市美術博物館

岡崎市美術博物館

この施設は建設費何十億もかけたにもかかわらず
開館にあたって美術品をなにひとつ買わなかったのである

開館のとき見学に行ったのだが
見るものは何もなく
薄暗い中に徳川家康の肖像の掛け軸がかかっていた
ことだけを覚えている

美術館だとか博物館だとか図書館だとかいっておきながら
芸術や文化に何の敬意も払っていないこれらの施設
芸術家や作家の組合はもっと抗議をすべきである
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

れっとらかさん、お久しぶりです。
お身体の調子はいかがですか?
最近あまり覗かせてもらっていなかったので、まとめて読みました。
「そうだよなぁ・・・。」って感じる話題が多いです。

私は最近、地元の図書館によく行ってるのです。
そこで感じるのは、図書館職員が
「本を大切に、利用者にわかりやすく扱ってねぇな。」
ということです。
棚に本をギュウギュウ詰めにしすぎて、本を取り出すことも不可能。
図書館側で勝手に本に、「管理のためのシールみたいなもの」を貼ってあるのですけれど、それが利用者には全然役に立たない。
(職員にも殆ど役に立ってないと思う。)
図書館の役割は「本を市民に貸し出すこと」。
でもその先には「良質の本を市民にわかりやすく、美しい状態で貸し出すこと。」があります。保存状態も大切でしょう。
「その図書館にプロフェッショナルはいないな。」と思います。

おひさしぶりです
体調のほうは 悪く もう休職寸前です
会社に行ってもぶっ倒れています
でも働かないと生活できないので行くしかありません
医者は休めと言ってるのですが
会社ストップが出るまでは行かねば

図書館のほとんどは 書庫を広くしたり 整理したり
といったハード・ソフト両面の対策が必要だと思います
これからのIT技術の進展で図書館のあり方も
変わってきますし
プロフィール

れっとらか

  • Author:れっとらか
  • 私は佐藤聖子ファンで
    躁うつ病と闘っています
    妻は統合失調症です
    「佐藤聖子アンコール!」も
    よろしく
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。