スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖怪ハンター

諸星大二郎「妖怪ハンター」地の巻 天の巻 水の巻 読了

やはり一番の傑作は「生命の木」
優れた推理小説のように 伏線の張り方がうまい
終盤にすべての謎が解ける
いんへるのの描写がすごい
そして迫力のある最後のシーン
映画化されたのも見たい気がするが
きっと原作にはおよばないだろうな

「闇の客人」もすばらしい
まちの人が伝統を無視してたたりが起こるというのは
ありがちなストーリーだが 
謎が解け 神を異界に帰してゆく場面がよい

「黒い探求者」はヒルコの登場シーンが楽しい
映画化されたのはずいぶん前だが
面白かったのだろうか
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

れっとらか

  • Author:れっとらか
  • 私は佐藤聖子ファンで
    躁うつ病と闘っています
    妻は統合失調症です
    「佐藤聖子アンコール!」も
    よろしく
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。