スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカなニュースだと思わない

中学生のころ カバンにかぎ十字の印をつけていた人がいた
先生が彼に聞いた
「これが何をやっていた団体のマークかわかっているの?」

自由主義では何をやろうと自由だといっても
行動の意味は厳しく問われるべきだ



私の立場からいえば ナチは精神病患者を虐殺していたので
許すことはできない

その思想は過去の話ではなく
日本でも1996年に優生保護法が廃止されるまで続いていた
これから遺伝子診断が普及してくれば
また復活するだろう

飼い犬の毛をナチスの「カギ十字」に刈る 独警察、男を捜査
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして。
面白半分にハーケンクロイツを振りかざすことは厳しく戒めるべきなのですが、現代ドイツのように力ずくでナチス的なものを封印し、ナチスに対して少しでも肯定的なニュアンスを匂わせると吊るし上げられる風潮もどうかと思います。
ナチスの政策のプラス面や、魅力などを直視することなく批判だけしていると、特殊な時代に特殊な人たちによる愚行ということで片付けられかねないので、手を変えてこの手の独裁者が現れると再び悲劇が繰返されかねません。

コメントありがとうございます 

私も差別用語の禁止などは大嫌いなので
おっしゃることの気持ちはだいたいわかります 

日本は その点 植民地支配の功罪なども
わりと冷静に語られることが多いので
良いですね

再びお邪魔します。
私が言わんとするところは、ネオナチは過去の亡霊ではなくて、現代社会の病だということです。現代社会で追い詰められた人たちがネオナチに活路を求めているということです。そして、そんな人たちの要望に応えるだけの魅力がナチスの社会政策にはあります。このニュースでは多分面白半分にハーケンクロイツ犬をつくりあげて見つかってしまったというところですが、ネオナチに心酔する連中を取り締まっているだけでは、グローバリズムの浸透によって経済が追い詰められると、確実にナチス政権が再現されるのではないかと危惧しています。
もちろん精神病と闘っておられる管理人さんがナチスのシンボルの使用に憤られることは当然の事と思います。私のブログにしても安直なエントリーを建てたと思っておられることと思います。もともとニュースを冷やかしたり、直感でモノを述べることを主としたブログですので・・・

どうも こんばんは 
 
私はドイツに縁が薄いのでドイツがどうかわかりません
でもグローバリズムによって中産階級が崩壊し
追い詰められた人たちが危険な思想に走る 
というのは世界共通の図式だと私も思います
プロフィール

れっとらか

  • Author:れっとらか
  • 私は佐藤聖子ファンで
    躁うつ病と闘っています
    妻は統合失調症です
    「佐藤聖子アンコール!」も
    よろしく
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。