スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋本選手の夢

昨夜 プロレスの橋本選手の夢を見た 
 
橋本選手の道場に入門してしごかれる夢だった 
7月11日で橋本選手が亡くなって3年 
天国から私を励ましてくれたのか

目覚めたら カルバマゼピンの副作用で
失禁していた

きょうも体調不良

月曜日 午後3時で早退
火曜日 午前午後一時間ずつ医務室でダウン

そしてきょう水曜日 
あさバスに乗って駅まで行ったものの 
あまりの気分の重さにそのまま家に引き返した

医者に行ったら カルバマゼピンを倍に増やされた 
私にはよく効く薬
副作用が重いように思えるのでイヤなんだけれど

きょうから飲んで明日から効くというものでもあるまい
あと2日くらい休むしかないかも
このペースで休むと 有給休暇を使い切って
無給の傷病欠勤に突入するのは確実

ぶっ倒れてた

今月は体調が悪く 会社を休んでぶっ倒れてた
ブログも書けなかった 
今週からやっと働けるようになった

今日も体調維持のため九時で寝る 



ドラゴンズ苦戦している
選手の年齢層を考えれば 
遅かれ早かれ 今のように 
レギュラーの半分が欠場という事態が訪れるのは 
必然と言えただろう

問題は躁なんです

春日武彦「問題は躁なんです」(光文社新書) 読了 
 
有名人の奇怪な行動や不可解な事件などの原因が 
躁うつ病ではないか という本である 
躁状態の例をたくさん取り上げた一般向けの本は
おそらく初めてだろう 
 
躁うつ病患者として 自分の身に照らしあわせてみれば 
いちいち思いあたることが多い 
自分がどれだけキチガイかということを納得させられた 
 
一般の人が読んでも躁うつ病の特徴がよくわかるので
意義のある本だ

この本の残念なところは 躁うつ病が悲惨だというのを
強調する一方で
患者がどのように人生を送っていけばよいかという
アドバイスがないところだ 
著者が精神科医である以上 患者への励ましは必要だ

それに躁うつ病の犯罪者をたくさん紹介しているのも
偏見をあおる可能性がある

激鬱とワイン

もうすぐ仕事かと思うと激鬱になった
すばやく薬を飲んで すこし回復 
 
ワインを1本飲んだ

これはいけないパターン 
いつか死なないだろうか 
プロフィール

れっとらか

  • Author:れっとらか
  • 私は佐藤聖子ファンで
    躁うつ病と闘っています
    妻は統合失調症です
    「佐藤聖子アンコール!」も
    よろしく
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。